SSD

CFD CG3VX SATA接続 2.5型SSD 960GB

CSSD-S6B960CG3VX

SSD

CFD CG3VX SATA接続 2.5型SSD 960GB

CSSD-S6B960CG3VX

種別
メーカー CFD

この製品について

  • CFD エントリーモデルSSD 960GB
    Smart ZIP™を採用し、データの書き込み処理の効率化と耐久性を向上
    CSSD-S6B960CG3VX
画像一括ダウンロードはこちら

主な特長

製品特長

CG3Vの後継モデルです。Randomスピードが改善され、より性能が向上しました。

圧縮技術 Smart ZIP™を採用し、データの書き込み処理の効率化と耐久性をアップ!

Smart data processing、Data Predict & FetchでRead/Writeのパフォーマンスが上がります。

Smart data processing

CG3VXは空き容量に応じて、Read/Writeのパフォーマンスをディスクの空き容量に基づいて調整し管理します。
空き容量が残っていると、ファームウェアはRead/Writeコマンドを継続し実行します。
メモリを割り当ててガベージコレクションを行う必要がないため、Read/Writeパフォーマンスは加速します。
反対に、容量が少ない時はメモリを解放するためRead/Writeのパフォーマンスを落としガベージコレクションを実行します。
そのため、Read/Writeパフォーマンスは低下します。

Predict & Fetch

通常、ホストがSSDからデータを読み取ろうとするとSSDは1コマンドを受け取った後に、1回データの読み取りアクションを実行します。ただし、CG3VXでは、Readパフォーマンスを向上させるためData Predict & Fetchを実行します。
Data Predict & Fetchは、ホストがSSDにSequential Read コマンドを発行した際に、自動的に次のコマンドが実行されることを期待し、SSD側で次のコマンドを受信する前にデータの準備をします。
そのため、ホスト側はデータ受信をするまでに長く時間が掛からず高速にデータ処理が可能となります。

SmartZIP

NAND フラッシュにデータの書き込みを行うには時間が掛かります。
Write性能を向上させるため、CG3VXは圧縮技術 SmartZIPを利用します。
ファイルの種類に冗長パターンが違う、種類に応じて圧縮できるかどうかに関係なくエンコードエンジンSmartZIPによって実際にフラッシュに書き込まれるデータ量を減らすことが可能です。
圧縮せず書き込むSSDと比較すると、書き込まれるデータが少なくすむため書き込み効率の向上と共にSSDの寿命(耐久性)も向上します。

ダイナミックキャッシング

より良い耐久性とパフォーマンスを提供するためダイナミックキャッシング(SLCキャッシング)を採用しています。

TBW(Terabyte Written)

Terabyte WritteとはSSDの寿命予測の測定値です。これはデバイスに書き込まれたデータの量を表します。SSDのTBWを計算するために、次の式が適用されます。

TBW=[(NAND Endurance)x(SSD Capacity)]/[WAF]

NAND Endurance : NANDフラッシュのP/E(プログラム/消去)サイクルを指します。
SSD Capacity : SSDの総容量です。
WAF : Write Amplification Factor(WAF)は、SSDコントローラが書き込む必要のあるデータ量とホストのフラッシュコントローラが書き込むデータ量の比率を表す数値です。

※上記TBWについては、JEDEC219のワークロードに基づいています。

仕様

JAN CSSD-S6B960CG3VX:4988755048026
CSSD-S6B480CG3VX:4988755048019
CSSD-S6B240CG3VX:4988755048002
容量 CSSD-S6B960CG3VX:960 GB
CSSD-S6B480CG3VX:480 GB
CSSD-S6B240CG3VX:240 GB
フォームファクター 2.5 インチ (7mm厚)
インターフェース SATA 6Gbps
プロトコル
コントローラー Phison PS3111-S11 (S11T)
NANDフラッシュ 3D NAND TLC(TMC BiCS™フラッシュ)
キャッシュメモリ
Sequential Read (Max) 550 MB/s
Sequential Write (Max) 510 MB/s
Random Read (Max) 82K IOPS
Random Write (Max) 90K IOPS
TBW CSSD-S6B960CG3VX:253 TBW
CSSD-S6B480CG3VX:155 TBW
CSSD-S6B240CG3VX:70 TBW
MTBF 200万 時間
保証期間 3 年
サポート RoHS
備考 ※本製品の故障内容を問わず、ご使用機器本体のダメージや記録されたデータの破損または消失については責任を負いかねます。保証規定をお読みの上、ご利用ください。
※転送速度は弊社にて確認した数値です。すべての環境おいて保証されるものではございません。
※製品の仕様・付属品などは予告なく変更される場合があります。

SSDに関するご質問

CFD Gaming PG5NFZ シリーズ M.2接続 SSD

M.2-2280(NVMe)、PCI Express Gen5、最大 Sequential Read 10 GB/s(4TB、2TB) のハイエンドモデル
4TB、2TB、1TB

CFD Gaming PG4NZL シリーズ M.2接続 SSD

M.2-2280(NVMe) 採用 シリーズ最大Read 7,200 MB/s(4TB) のハイエンドモデル
4TB、2TB、1TB、500GB

CFD Gaming PG3NF2 シリーズ M.2接続 SSD

CFD Gamingモデル M.2-2280(NVMe) 採用 2TB、1TB、500GB SSD
CSSD-PG3NF2シリーズ

CFD Selection EG2VNQ エントリーモデル M.2 NVMe接続SSD

CFD Selection エントリーモデル M.2 2280(NVMe) 採用 SSD (2TB、1TB、500GB)
NVMe M.2 SSD 入門用モデル

CFD Selection EG1VNE エントリーモデル M.2 NVMe接続SSD

CFD エントリーモデル M.2 2280(NVMe) 採用 SSD (1TB、500GB)
優秀なコントローラーとキャッシュで、エントリーモデルでも高いスピードを発揮

CFD Selection CG3VZ エントリーモデル SATA接続 2.5型SSD

CFD エントリーモデルSSD 1TB
Smart ZIP™を採用し、データの書き込み処理の効率化と耐久性を向上
CSSD-S6M01TCG3VZ

CFD SFT6000e シリーズ | 消費電力と発熱を削減するecoモード対応 M.2 NVMe接続 SSD

M.2-2280(NVMe)、PCI Express Gen4x4、最大 Sequential Read 6000 MB/sのミドルレンジモデル
ecoモードに対応しており、設定を有効にすることで消費電力を約10%削減し、発熱も抑えることが可能
4TB、2TB、1TB、512GB

CFD RGAX シリーズ M.2 NVMe接続 SSD

M.2-2280(NVMe)、PCI Express Gen3x4、最大 Sequential Read 3100 MB/sのエントリーモデル
2TB、1TB、500GB

CFD Selection CG3VW エントリーモデル SATA接続 2.5型SSD

CFD 高耐久性&エントリーモデルSSD 480GB、240GB
NANDフラッシュにSK-Hynix V4 3D NAND TLCを採用し、高耐久性を実現

キーワード検索