SSD

CT2000T500SSD8JP | Crucial T500 M.2 NVMe接続 SSD 2TB

CT2000T500SSD8JP

SSD

CT2000T500SSD8JP | Crucial T500 M.2 NVMe接続 SSD 2TB

CT2000T500SSD8JP

この製品について

  • Sequential Read 最大 7,400MB/s(2TBモデル)、M.2 Gen4x4 NVMe SSD
    2TB(ヒートシンク有り/無し)・1TB(ヒートシンク有り/無し)・500GB
画像一括ダウンロードはこちら M.2 SSD 取り付けガイド

主な特長

プロゲーマーのイメージ

CrucialのGen4 SSDによる優れたパフォーマンス

シーケンシャル読込・書込の速度はそれぞれ最大7,400MB/s、7,000MB/sで2、OSやアプリケーションの起動、大容量データの読み込みや保存を高速化。

スピードがGen3 SSDの2倍以上5、SATAの12倍以上5に進化した、Crucial T500 PCle® 4.0 NVMe SSDで、快適なPCライフをお楽しみください。

ハイパフォーマンスかつ省電力

T500シリーズは、消費電力対性能比が40%向上。4

より少ない電力でありながら、高いパフォーマンスを発揮します。

SSDとGPUがメモリを介してデータをやりとりしているイメージ

DirectStorageでさらに進化するゲーム体験

Crucial T500 PCle 4.0 NVMe SSDなら、ゲームのロードスピードが約16%アップ。1

最大2TB3のストレージで、たくさんのゲームを保存できます。

また、Microsoft® DirectStorageを使用すれば、レンダリング速度が向上6し、より精彩なゲームテクスチャをお楽しみいただけます。

様々なサポート

Crucialがついていれば大丈夫。SSDの導入と最適なパフォーマンスの維持に必要な様々なサポートを提供しています。

世界最大級のメモリおよびストレージメーカー

40年以上にわたり世界最先端のメモリおよびストレージテクノロジーを生み出してきたマイクロン。

Crucialの製品はすべて、マイクロンの高度な専門技術を有するエンジニアリングチームが開発し、高い品質と信頼性を有しています。

注記

1 ここに示すゲームの速度に関する文言は、ForspokenのベンチマークモードCall of Duty®やValorant®の起動時間を、Crucial T500とその他のGen4 SSD使ってマイクロンが測定したテストの結果に基づいています。お客様の環境でのパフォーマンスと異なる場合があります。

2 CrystalDiskMark®を使用し、書込キャッシュが有効化された状態で測定した、一般的なI/Oパフォーマンスの数値です。Windows 11 Coreのアイソレーションは、パフォーマンス測定の目的で無効化されています。開封後未使用(FOB)状態を前提とします。性能測定の目的では、SSDは安全な消去コマンドを使用してFOB状態に回復することができます。測定結果は、システムのバリエーションにより異なります。

3 ストレージ容量の一部はフォーマットなどの目的に使用されるため、データストレージとしては利用できません。1GBは10億バイトに匹敵します。容量タイプによっては当初の発売予定日にラインナップされない場合があります。

4 Crucial P5 PlusとT500 PCIe® 4.0 NVMe SSDの消費電力対パフォーマンスを社内で測定して比較。お客様の環境でのパフォーマンスとは異なる場合があります。

5 T500のシーケンシャル読込速度7,400MB/秒と、1世代前(P5 Plus)の速度6,600MB/秒またはSATA(BX500)の速度560MB/秒の比較によって計算。実際のパフォーマンスとは異なる場合があります。

6 GPU解凍を使用する対象GPUを使ってマイクロン社内で実施したテスト結果を基に、DirectStorageを使用しないGen4 SSDの性能と比較。

仕様

JAN CT2000T500SSD5JP:0649528939999
CT1000T500SSD5JP:0649528939982
CT2000T500SSD8JP:0649528939951
CT1000T500SSD8JP:0649528939944
CT500T500SSD8JP:0649528939937
容量 CT2000T500SSD5JP:2 TB (ヒートシンク付き)
CT1000T500SSD5JP:1 TB (ヒートシンク付き)
CT2000T500SSD8JP:2 TB
CT1000T500SSD8JP:1 TB
CT500T500SSD8JP:500 GB
フォームファクター M.2 2280
インターフェース NVMe / PCIe Gen.4x4
TBW CT2000T500SSD5JP:1200 TB
CT1000T500SSD5JP:600 TB
CT2000T500SSD8JP:1200 TB
CT1000T500SSD8JP:600 TB
CT500T500SSD8JP:300 TB
フラッシュ Micron®232層 TLC NAND
ヒートシンク CT2000T500SSD5JP:○
CT1000T500SSD5JP:○
CT2000T500SSD8JP:-
CT1000T500SSD8JP:-
CT500T500SSD8JP:-
Sequential Read CT2000T500SSD5JP:7,400 MB/s
CT1000T500SSD5JP:7,300 MB/s
CT2000T500SSD8JP:7,400 MB/s
CT1000T500SSD8JP:7,300 MB/s
CT500T500SSD8JP:7,200 MB/s
Sequential Write CT2000T500SSD5JP:7,000 MB/s
CT1000T500SSD5JP:6,800 MB/s
CT2000T500SSD8JP:7,000 MB/s
CT1000T500SSD8JP:6,800 MB/s
CT500T500SSD8JP:5,700 MB/s
Random Read CT2000T500SSD5JP:1,180K IOPS
CT1000T500SSD5JP:1,150K IOPS
CT2000T500SSD8JP:1,180K IOPS
CT1000T500SSD8JP:1,150K IOPS
CT500T500SSD8JP:800K IOPS
Random Write CT2000T500SSD5JP:1,440K IOPS
CT1000T500SSD5JP:1,440K IOPS
CT2000T500SSD8JP:1,440K IOPS
CT1000T500SSD8JP:1,440K IOPS
CT500T500SSD8JP:1,390K IOPS
動作時平均電力
読取り動作時最大電力
書込み動作時最大電力
動作可能温度
付属品 Crucial® Storage Executive*
Acronis® True Image for Crucial*
Crucial SSD簡単インストールガイド
*要ダウンロード
保証期間 CT2000T500SSD5JP:5年 または 1200 TBW (いずれか早い方)
CT1000T500SSD5JP:5年 または 600 TBW (いずれか早い方)
CT2000T500SSD8JP:5年 または 1200 TBW (いずれか早い方)
CT1000T500SSD8JP:5年 または 600 TBW (いずれか早い方)
CT500T500SSD8JP:5年 または 300 TBW (いずれか早い方)
本体寸法 CT2000T500SSD5JP:80.01 x 9.652 x 23.368 mm
CT1000T500SSD5JP:80.01 x 9.652 x 23.368 mm
CT2000T500SSD8JP:80.01 x 2.286 x 21.844 mm
CT1000T500SSD8JP:80.01 x 2.286 x 21.844 mm
CT500T500SSD8JP:80.01 x 2.286 x 21.844 mm
サポート RoHS:◯
PSE:対象外
電波法:対象外
関連リンク メーカー製品ページ
備考 ※ヒートシンク付属でないバージョンのCrucial T500は、最適な性能を得るために、マザーボードまたは代替ヒートシンクと一緒に取り付けする必要があります。
※転送速度は、CrystalDiskMark®を使用し、書込キャッシュが有効化された状態で測定した、一般的なI/Oパフォーマンスの数値です。Windows 11 Coreのアイソレーションは、パフォーマンス測定の目的で無効化されています。開封後未使用(FOB)状態を前提とします。性能測定の目的では、SSDは安全な消去コマンドを使用してFOB状態に回復することができます。測定結果は、システムのバリエーションにより異なります。
※一部のストレージ容量はフォーマットなどの目的に使用され、データストレージとしては利用できません。1GBは約10億バイトです。
※最大限の性能を得るために、ドライブに適切なエアフローがあることを確認してください。
※保証は、最初の購入日から5年間、または製品データシート上に記載され、製品のSMARTデータで測定された最大総書き込みバイト数(TBW)を書き込む前、のうちいずれか早く到来する日まで有効です。
※本製品の故障内容を問わず、ご使用機器本体のダメージや記録されたデータの破損または消失については責任を負いかねます。保証規定をお読みの上、ご利用ください。
※製品の仕様・付属品などは予告なく変更される場合があります。

SSDに関するご質問

Crucial T700 ハイエンド M.2 NVMe接続SSD

Sequential Read 最大 12,400MB/s(4TB、2TBモデル)、M.2 Gen5x4 NVMe2.0 SSD
4TB、2TB、1TB (ヒートシンクあり/無しの2タイプ)

Crucial P5 Plus ハイエンド M.2 NVMe接続SSD

最新のNVMe™ PCIe® Gen.4 テクノロジー搭載、ハイエンド 高速M.2 SSD
2TB、1TB、500GB

Crucial P3 Plus ミドルレンジ M.2 Gen4 NVMe接続SSD

Sequential Read 最大 5,000MB/s(2TB、1TBモデル)、M.2 Gen4 NVMe SSD
4TB、2TB、1TB、500GB

Crucial P3 ミドルレンジ M.2 NVMe接続SSD

Sequential Read 最大 3,500MB/s、M.2 NVMe SSD
4TB、2TB、1TB、500GB

Crucial MX500 SATA6接続 2.5型SSD

定評のあるMXシリーズに最新の3D NAND フラッシュテクノロジーを組み合わせた高速SSD 4TB
CT4000MX500SSD1/JP

Crucial BX500 SATA6G接続 2.5型SSD

コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルSSD 2TB
CT2000BX500SSD1JP

CFD Gaming PG5NFZ シリーズ M.2接続 SSD

M.2-2280(NVMe)、PCI Express Gen5、最大 Sequential Read 10 GB/s(4TB、2TB) のハイエンドモデル
4TB、2TB、1TB

CFD Gaming PG4NZL シリーズ M.2接続 SSD

M.2-2280(NVMe) 採用 シリーズ最大Read 7,200 MB/s(4TB) のハイエンドモデル
4TB、2TB、1TB、500GB

WD_BLACK SN770M シリーズ | WesternDigital ゲーミング向け M.2 2230 NVMe接続SSD

Western Digital 社 の M.2 2230 NVMe SSD「WD_BLACK SN770M シリーズ」です。
M.2 2230に対応した小型ゲーミング機やノートパソコンのストレージ拡張にお使いいただけます。
PCI express Gen4やWestern Digital nCache 4.0テクノロジーによる、最大2TBの大容量、最大5150MB/s(1TBおよび2TBモデル)の転送速度を実現。
ゲームのロード時間を短縮する、Microsoft DirectStorageもサポートしています。

キーワード検索