ニュースニュースTOP

2016/03/18
  • 法人向け

DJI のフライングカメラ「Phantom 4」が新時代に突入

 CFD販売株式会社(本社:名古屋市中区)は、無人航空機(UAV)技術で世界をリードするDJI が、より簡単にプロフェッショナルレベルの空撮を実現する先進のコンピュータービジョンとセンシング技術を搭載した初の一般消費者向けクアッドコプターカメラ(ドローン)「Phantom 4」を発表したことをお知らせ致します。

 Phantom 4 は、DJI の代表製品であるPhantom シリーズに、障害物感知システム、ActiveTrack(アクティブトラック)、TapFly(タップフライ)などの新たな機能が加わり、機体操縦や動画/静止画の撮影が簡素化されています。

 「Phantom 4 の登場により、初心者でも自信を持ってドローンを飛ばせる時代に突入しました。私たちは、これら機能を組み合わせたドローンの出現を夢見てきました。そしてとうとうその日がやって来たのです」と、DJI 創業者兼CEO フランク・ワンは述べています。http://www.dji.com/jp/newsroom/news/p4-release-jp

 Phantom 4は、高性能および使いやすさに加えて、楽しむことも考慮に入れて開発しています。新機能の上級者向け「スポーツモード」は、ドローンでレースをしたらどんな感覚かを味わうことができます。このモードでは、時速72km で飛行することができます。また、他のモードに比べてより迅速に上昇・下降します。「スポーツモード」で機体を加速化したことにより、様々な場所へ早く到着し撮影することができます。これまでは捕捉することが出来なかった高速のダウンヒルスキーヤーを追尾撮影できるようになります。

 

DJIについて

DJI は、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモートで操縦できるヘリコプターに情熱を傾けるスタッフにより創業、運営されており、飛行制御技術と手ぶれ補正の分野におけるエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。営業拠点は北アメリカ、ヨーロッパ、アジアまで拡大しており、世界100 ヵ国のユーザーが、映画、広告、建設、消防、農業、その他多くの産業分野においてDJIの商品を愛用しています。

 

・本記事に関するお問い合わせ・資料請求はこちら

CFD販売株式会社 営業部コーポレートG

メールアドレス:corporate@cfd.co.jp

TEL:03-3523-3370、FAX:03-3523-3385

住所:東京都中央区新川一丁目21番2号 茅場町タワー16F

ニュースTOP

ページの先頭