水中ドローン「FIFISH」シリーズと5Gネットワークを活用した養殖場遠隔監視の実証実験が実施されました

CFD販売が取り扱うQYSEA社の水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」「FIFISH W6」が、近畿大学とNTTドコモによるに5Gネットワークを使った養殖マグロの遠隔監視の実証実験に採用されました。

小型の高機動モデル&強力なモーターを搭載したパワフルモデル

ダイバー不要によるコストダウンと安全性の向上

2022年3月30日、近畿大学とNTTドコモ(以下、ドコモ)による、水中ドローンと5Gネットワークを活用した実証実験が行われました。

水中ドローンで撮影した近畿大学水産研究所 大島実験場いけす内の映像を5Gネットワークを介してリアルタイムに伝送、同時に近畿大学 東大阪キャンパスから水中ドローンの遠隔操作を行い、水中ドローンによる完全養殖クロマグロの状態の監視を行いました。

【実証実験のイメージ】

【検証項目】
・水中ドローンによる撮影映像のリアルタイム伝送
・いけす内の水中ドローンの遠隔操作
・水中ドローンで撮影した4K映像のアーカイブ共有

【システム構成イメージ】

マグロの養殖において、いけす内の状態監視は、マグロの品質や水揚げ量を大きく左右します。これまではダイバーが水中に潜って、いけすの状態や水質、マグロの健康状態の確認や死亡魚の回収を行っておりましたが、作業者の負担が大きく安全性にも課題がありました。

同実証実験では水中ドローンと映像伝送および遠隔操作システムを活用して、作業者が遠隔地から指示を出したり、ダイバーが水中で行う作業を代替したりすることで、作業効率化や生産性、安全性の向上が期待できます。

採用製品紹介

・FIFISH V6 PLUS
・FIFISH W6
・Edgebox(遠隔操作ツール)

 

・QYSEA社の遠隔操作・リアルタイム映像伝送技術

産業用小型水中ドローン QYSEA 「FIFISH V6 PLUS」

FIFISH V6 PLUS 製品画像

FIFISH V6 PLUS(ファイフィッシュ ブイ6 プラス)は高光量6000ルーメンのLEDライト、対象物との距離をロックするソナー、ターゲットのサイズを自動測定可能なレーザースケーラーを搭載し、水中での作業性能を飛躍的に高めた産業用水中ドローンです。

産業用途に耐えられるように、アルミ素材のスラスターと大容量バッテリーに、600時間耐久テストをクリアした耐久性高いモーター制御システムも搭載し、より確実に、安心に現場作業を遂行することが可能です。

【商品情報】
FIFISH V6 PLUS 製品ページ
FIFISH V6 PLUS カタログデータ

産業用中型水中ドローン QYSEA 「FIFISH W6」

FIFISH W6 製品画像

FIFISH W6(ファイフィッシュ・ダブル6)は波のある状況下で使用することを前提とした、モーターパワーを強化したモデルです。カメラ画質は4K UHD(30fps)、照明はLED2基10000ルーメンを搭載。FIFISHシリーズ初の交換式バッテリーを採用し、駆動時間は最長6時間。さらに、外部給電システム(別売)を使用することで、バッテリーの運用時間を気にかける事なく連続稼働ができます。

豊富なオプション選択が可能となったプロフェッショナルモデルのFIFISH W6は、濁りや浮遊物で視界が悪くても調査対象を把握できる「マルチナロービームソナー」、機体の自己位置を把握できる音響測位装置「U-QPS」、強い濁りの映像補正が可能な「画像鮮明化チップ」も搭載し、海洋の過酷な環境でも活躍できる産業用水中ドローンです。

【商品情報】
FIFISH W6 製品ページ

水中ドローンのことはCFD販売におまかせください

水中作業の安全性・利便性の向上、コスト削減などの業務改善に、CFD販売の水中ドローンや熟練のスタッフをご活用いただけます。
水中ドローンのスムーズな御導入に向け、機体レンタルサービス、導入講習、オペレーター派遣など様々なサービスがございます。
また、用途・利用目的に適した機種選定や導入の御相談も承ります。是非、お気軽にお問い合わせください。

CFD販売水中ドローン 特設ページ
法人のお客様向け製品購入前窓口
法人のお客様向け水中ドローンレンタルサービス
法人専用卸売サイト「CFD-BIZ」

CFD法人サービスに関するお問い合わせはこちら

CFD法人サービスに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ窓口案内

このページをシェアする

ページの先頭