ニュースリリース

2020/11/10

DJI 折りたたみ式 ドローン DJI MINI 2の取扱開始

CFD販売株式会社(本社:名古屋市中区)は、DJI社(本社:中国)のドローン「DJI MINI 2」の取扱を開始いたします。

DJI 折りたたみ式 ドローン DJI MINI 2

DJI MINI 2

DJI社製 折りたたみ式 空撮用カメラ搭載ドローン DJI MINI 2

関連ページ
「DJI MINI 2」製品ページ
型番 JAN 備考
DJI MINI 2 4988755056472

製品特徴

■ 飛び出そう、ワクワクする世界へ

■ 身軽な旅で、気軽に空へ

DJI Mini 2は、びっくりするほどの軽さで、重さは199 g以下。りんご一つ分よりも軽く、サイズは手のひらほどの大きさです。コンパクトで使いやすいMini 2は、あなたの旅を楽しくする必須ツールとして、最高の形でお気に入りの瞬間を撮影します。 [1]
 

■ ミニなのに、パワフル

DJI Mini 2は、そのポータブルなボディの中に直感的に使える最新機能が多数搭載。場所や方法に縛られずに自由にクリエイティブな撮影を楽しむことができます。一人っきりでビーチで撮影するときも、久しぶりに家族が集まって撮影するときも、Mini 2ならパワフルに撮影を処理できるので安心です。

■ 見た目は小型、飛行性能は力強く

DJI Mini 2は、最大18分のバッテリー駆動時間を持ち、完璧なショットを撮影するための構図決めに十分な時間をかけられます。 [2]
 

Mini 2は、風速29〜38 km/hの風にも耐えることができ、最高高度3,000 mまで飛行できるので、風の強い海岸線や鬱蒼と生い茂る高い山で空撮していても、映像は安定します。

■ OcuSync 2.0 動画伝送 - 思い切り自由に、世界を飛び回ろう。

Mini 2は、最大6 kmのHD動画伝送に対応しており、優れた耐干渉性も備えているため、より遠くまで飛ばし、鮮明な映像を確認することができます。 [3]

■ 4Kカメラ搭載 3軸ジンバル - 何度も見返したくなる思い出を、きれいな映像で。

12MPカメラで撮影した空撮映像は、感動をもたらします。4K/30fpsの動画を撮影でき、3軸モーター搭載ジンバルを搭載したMini 2は、どれだけアグレッシブに飛び回っても、常に滑らかで素晴らしい画質を保証します。

■ 4倍ズーム - 理想のショットのために、近づく必要はありません。

■ クイックショット - 一瞬で、空撮のプロのように。

DJI Mini 2は、わずか数回タップするだけで、プロが撮影したような動画を自動的に録画・撮影。SNSですぐに共有することができます。初心者でも経験豊富な上級者でも、DJI Flyアプリで、BGMやフィルターを使った印象的な動画を制作することができます。

● ドローニー

● ヘリックス

● ロケット

● サークル

● ブーメラン

■ パノラマ - 目の前に広がる風景、その感動をみんなに教えよう。

パノラマ撮影は、広角、180°、スフィア(球体)の中から選ぶだけ。あとはDJI Mini 2が残りの作業を行い、すぐに素晴らしいパノラマ写真を作成します。

■ 最適化フォト 最高の写真をシェアするのに、時間はかかりません。

DJI Flyアプリには、スマートに写真を最適化できる機能が内蔵されています。写真をダウンロードした後、アプリが自動的に画質を向上させ、鮮やかな色合の、ディテールまでクリアな写真に仕上げます。

■ 驚きの空撮映像でも、飛行操作はシンプル

DJI Mini 2は、操作性とインテリジェント機能を絶妙に最適化しています。スマートRTH(自動帰還)、自動離陸、正確なホバリングのおかげで、これまで以上に効率的に操作でき、安全性も配慮されています。 [4] 広い空を縦横無尽に飛び回り、無限の可能性を思いきり味わいましょう。

■ 直接ダウンロードして、すぐに編集 - びっくりするほどの簡単さ。

● クイック転送
Mini 2がスマートフォンに近づくと、DJI Flyアプリが自動的に機体を認識して接続し、選択した写真とビデオを20 MB/sで同期します。 [6]
 

● トリムダウンロード
新機能トリム ダウンロードを使うと、撮影した映像から一部を簡単にカットして、編集やダウンロードすることができます。お気に入りのショットを探したり、ストレージ不足を気にしたりする必要はなくなりました。

● 想像膨らむテンプレート
DJI Flyアプリの直感的に使える編集機能には、様々なクリエイティブ テンプレートが用意されています。飛行、撮影、編集、SNSシェアといった一連の作業が、場所を変えずに実行できるので、外出先で映像を制作して、そのまま共有することが可能です。

■ フライスポット - 新しい場所を冒険しよう。

どこで飛ばせばよいのかって、迷いますよね? でも、離陸に適した場所を探すのに、もう悩むことはありません。DJI Flyアプリで飛行計画を立てておけば、事前に確認できて安心です。もしかしたら、別のドローンを飛ばしている仲間に出会えるかもしれませんね。 [5]

1. 機体の離陸重量には、バッテリーとプロペラが含まれています。使用する前に、適用されるすべての規則と規制を確認してください。また、他の人や物の近くを飛行する際には、常に安全に飛行させてください。
2. 無風時に17km/hの一定の速度で測定。
3. 障害物や電波干渉がなく、MIC(日本)に準拠している場合。(FCCでは、最大10 km) 最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンス(復元力)を踏まえた概測になります。RTHを考慮せずに実施された、片道の飛行距離の最大値となり、あくまで参照用です。必ず現地の法律および規制に従い、許可がない限り、常にご自身が目視可能な場所でドローンを飛行させてください。
4. ビジョンポジショニングには、反射のない識別可能な地面と適切な明るさのある環境が必要です。0.5~30 mの高度で利用可能です。垂直および水平の測位精度は±0.1 m以内です。
5. フライスポットは、現在、中国本土でのみご利用いただけます。
6. このデータは、5.8 GHzの周波数帯を使用した際の最も速い伝送速度(下り)の値です(日本国内では、5.8GHzは利用不可)。2.4 GHzの周波数帯でクイック転送機能を使用した場合、最大伝送速度(下り)は6 MB/sとなります。
7. 360°プロペラガードは別売です。安全を確保するために、機体の電源がオンの時、自分または他のものが機体に接触しないようにしてください。(日本版は、前モデルMavic Mini用のプロペラガードのみ利用できます。)
8. 2WAY 充電ハブは別売です。
9. DJI ミニバッグ +は別売です。
10. 充電ベースは別売です。
11. DIYクリエイティブキットは別売です。
12. スナップアダプターは別売です。アクセサリーは、必ず30 g以下にしてください。離陸する前に、スナップアダプターと接続デバイスが正しく取り付けられているか、確認してください。
* このページに記載されている数値は、すべて制御された試験環境下で測定された参考値です。条件により結果は異なる場合があり、実際の製品での体験を参考にしてください。
** 本ウェブサイトに掲載されている写真や動画のコンテンツは、関連する全ての法律や規制を遵守して撮影しています。

関連ページ

「DJI MINI 2」製品ページ

ページの先頭