ニュースリリース

2018/01/05

GIGABYTE Radeon RX VEGA 56 搭載 グラフィックボードの取扱開始

CFD販売株式会社(本社:名古屋市中区)は、GIGABYTE TECHNOLOGY社(本社:台湾)グラフィックボード「GV-RXVEGA56GAMING OC-8GD」の取扱を開始いたします。

GIGABYTE Radeon RX VEGA 56 搭載 グラフィックボード

GV-RXVEGA56GAMING OC-8GD

  • Win

Radeon RX VEGA 56 搭載グラフィックボード
WINDFORCE 2X モデル
GV-RXVEGA56GAMING OC-8GD

  • VEGA 56
  • デスクトップPC
  • 組み込み
店頭想定売価
¥73,980前後(税別)
出荷予定
2018年1月上旬予定
関連ページ
「GV-RXVEGA56GAMING OC-8GD」製品ページ
型番 JAN 備考
GV-RXVEGA56GAMING OC-8GD 4988755041522

製品特徴

■ WINDFORCE 2X COOLING SYSTEM

WINDFORCE 2X冷却システムは、2基のオリジナル100mmブレードファン、オルタネイトスピニングファン、純銅の複合ヒートパイプを使ったダイレクトタッチGPU、アングルフィン設計、セミパッシブ3Dアクティブファン等の機能を搭載。効果的な放熱能力でグラフィク性能をサポートします。

■ ヒートパイプダイレクトタッチ

純銅のヒートパイプをGPUと直接接触させることで、熱伝導が強化され、効率的に冷却されます。
また、ヒートパイプはVRAMモジュールを覆う大きな金属ベースプレートを介してVRAMも適切に冷却します。

ヒートパイプと高性能銅製バックプレートによる冷却

GPUからの熱は前面の大型冷却モジュールを使用して放熱されるだけでなく、銅製バックプレートからも放熱されます。また、背面ヒートパイプによって、されに多くの熱を放散します。

■ オリジナルブレードファンデザイン

気流が三角形のファンエッジで分割、ファン表面の3Dストライプ曲線によってスムーズに誘導され、従来のファンに比べて気流を23%向上させます。

■ 3D アクティブファン

GPUが低消費電力状態の負荷や温度になるとファンは自動でオフになります。

■ コンポジットヒートパイプ

コンポジットヒートパイプは、熱の伝導率と転移の両方を兼ね備え、冷却能力を29%向上させます。

■ オルタネイトスピニングファンデザイン

中心のファンを逆方向に回転させることで、気流を最適化し、より効果的に放熱させます。

■ アンギュラーフィンデザイン

角度の異なるフィンは、フィンの接触面を拡大するだけでなく、騒音レベルを下げつつ冷却能力を向上させます。

■ 最大6画面

ディスプレイポート x3、HDMI x3で、最大6画面にすることができます。

■ 高耐久性マテリアル

最高級のチョークコイルやコンデンサを使用して設計されており、優れた性能と耐久性によって長寿命を実現しています。

関連ページ

「GV-RXVEGA56GAMING OC-8GD」製品ページ

ページの先頭