ニュースリリース

2017/05/10

GIGABYTE Radeon RX 580 XTR 搭載 グラフィックボードの取扱開始

CFD販売株式会社(本社:名古屋市中区)は、GIGABYTE TECHNOLOGY社(本社:台湾)グラフィックボード「GV-RX580AORUS-8GD」の取扱を開始いたします。

GIGABYTE Radeon RX 580 XTR 搭載 グラフィックボード

GV-RX580XTRAORUS-8GD

  • Win

Radeon RX 580 XTR 搭載グラフィックボード
ゲーマーのための究極のグラフィックスを追求したAORUSエディション
GV-RX580XTRAORUS-8GD

  • RX580
  • デスクトップPC
  • 組み込み
店頭想定売価
¥36,000前後(税別)
出荷予定
2017年5月上~中旬予定
関連ページ
「GV-RX580XTRAORUS-8GD」製品ページ
型番 JAN 備考
GV-RX580XTRAORUS-8GD 4988755038058

製品特徴

■ AORUS PERFORMANCE

AORUSグラフィックボードは、革新的なAMD Polarisアーキテクチャに基づいて、ゲーマーのための究極の映像体験を追求して作られています。

- GPU Gauntlet™ Sorting
- Polaris搭載のグラフィックボードによる、優れたパフォーマンスと電力効率
- 30Hz @ 8K ディスプレイ(DisplayPort™1.3)をサポート
- VRのための卓越したパフォーマンス

■ AORUSのオールラウンドな冷卻ソリューション

AORUSシリーズは、グラフィックボードの主要コンポーネントすべてに冷却ソリューションを提供します。
GPUだけでなくVRAMとMOSFETを冷卻することで、安定したオーバークロック動作や製品の長寿命が期待できます。
表面ではGPUから最も多くの熱を逃がすためにヒートパイプが直接触れています。
背面には銅製のバックプレートがGPU裏面から熱を放散します。
他の主要コンポーネントは、WINDFORCE Cooling Systemによって冷卻されます。

■ ヒートパイプダイレクトタッチ

純銅のヒートパイプは、熱伝達を強化するためにGPUとの直接接触面積を最大にする形状になっています。
また、ヒートパイプはサーマルパッドを介してVRAMモジュールを覆う大きな金属ベースプレートに接触し、重要なパーツを適切に冷却します。

■ 高度な背面冷卻

GPUからの熱は、前面の大型冷却モジュールを使用して放熱されるだけでなく、背面の銅板を介しても放散されます。

■ WINDFORCE 2X Cooling System

WINDFORCE 2X冷却システムは、2基の100mmオリジナルブレードファン、4つの純銅複合ヒートパイプ、ヒートパイプダイレクトタッチ搭載し、効果的な放熱能力を発揮します。

■ オルタネイトスピン

ファンを互い違いに回転させることで気流の乱れを減らし、効果的に熱を放散させます。

■ 3D アクティブファン

AORUSグラフィックスボードには3Dアクティブファンが装備されています。
GPUが電力消費が低い負荷または温度になると、ファンは停止します。
グラフィックスボードの上部にあるLEDファンインジケータは、ファンのステータスを表示します。

■ コンポジットヒートパイプ

コンポジットヒートパイプは、2つのソリッド・インターフェース間の熱伝達を効率的に管理し、冷却能力を29%向上させます。

■ ユニークなデザインのファンブレード

気流は三角形のファンエッジで分割され、ファン表面の3Dストライプ曲線を通ることで、従来のファンに比べてエアフローを23%向上させます。

■ RGB FUSION

1680万色のカスタマイズ可能なカラーオプションと、多数のライティングエフェクトを使用することで、グラフィックボードを彩ることができます。

■ LEDインジケーター

PCI-Eの電源に異常が発生した場合、コネクタ部のLEDインジケーターの点滅によって警告します。

■ 高い耐久性

AORUSグラフィックボードは、最高品質のチョークとコンデンサで設計されており、高性能・長寿命です。

■ AORUSグラフィックエンジン

直感的なインターフェイスにより、クロック速度、電圧、ファンの性能、電源の目標を、自分の好みに応じてリアルタイムで監視および調整することができます。

*ソフトウェアのインタフェースと機能は製品により異なる場合があります。

関連ページ

「GV-RX580XTRAORUS-8GD」製品ページ

ページの先頭